葉酸はサプリメントで摂る方がいい

 妊娠する一か月前から、一日400ugの葉酸の摂取が推奨されています。この量は、食物から摂取しようとしてもなかなか補えるものではありません。厚生労働省は、妊娠初期までの女性に、サプリメントで葉酸を摂取することを勧めています。

体に取り込みやすい

 葉酸には二種類あります。ひとつは天然葉酸というポリグルタミン酸型のもので、もうひとつは合成葉酸というモノグルタミン酸型のものです。

 主に食物から摂取される葉酸は天然葉酸であり、これは体への吸収率が約半分になってしまうため、一日400ugを摂取しようと思ったら倍の800ugを食べなければなりません。これは、ほうれん草7束分に相当するようです。

 一方で、サプリメントから得られる葉酸は合成葉酸です。厚生労働省が摂取を推奨しているのはこちらの型の葉酸で、吸収率が減ることもありません。

葉酸を食物から摂取するのが難しい

 葉酸は、アルカリ性や酸性の水に溶けやすく、酸素や光、熱などによって壊れやすい栄養素です。長時間保存したり、料理で水や熱に通したりすることで多くが失われてしまいます。

 水を使わず蒸す方法をとったり、油を使わずに炒めたりした場合にはそれほど損失はないようですが、それでも、十分な量を摂ろうとするとかなりの野菜の量が必要になりますし、調理方法にも気を遣います。食事だけで葉酸を補うのはかなり至難のわざです。

質の良い葉酸サプリがたくさんある

 吸収率のよい合成葉酸が配合されていて、さらには葉酸だけでなく、妊娠中に必要な他の栄養素までを補ってくれるサプリメントが多く販売されています。特に国産の葉酸サプリは質が高いものがあり、ほぼ成分表示通りの栄養量が含まれています。製造者や販売者によっては、そうでないものもあるので、信頼できる販売元を選ぶようにしましょう。

葉酸の摂取は

 お腹の赤ちゃんを育てるために欠かせない栄養素であるのに、食事では補いにくいのが事実です。質のよいサプリメントから大切な葉酸を補いましょう。

葉酸サプリ